蝦夷生計図説

検索結果

"ヌサ": 2 件ヒット

第1巻, 9ページ, タイトル:
にも太古よりの遺風とこそミえたれ、さらは この事の転し伝りてイナホをイナヲとあやまり 称するにや、またヌシヤといへる事はとりもなを さすヌサの転語にして大麻の事なるへし、 此稲穂と大麻の二つは 本邦にしても、今の 世に及ひては形ちもかハり事も同しからぬよふに 思ひなさるれと、いつれも天地の神明を祭るか ために設るところの物にして、其用ゆるの意は ひとしく今の幣帛也、今の幣帛は専らに 紙を用ひ、麻をもちゆれとも、上古の時紙麻とふ の物流布せさりしには、木のミをもて製せし 事の有けんもしるへからす、其時にあたりてハ稲穂も いかにも太古からの遺風であるとの印象を受ける。そうだとすれば、こうした儀礼が転じ伝わって「イナホ」が「イナヲ」と誤って称されることになったのではなかろうか。また、「ヌシヤ」と称するのは、これはとりもなおさず「ヌサ」(幣)の転訛であり、大麻を指す言葉が伝播したと考えてよいであろう。 いま稲穂と大麻の二つについて言及したが、我が国について考えるならば、現在ではその形状も用いる儀礼も、太古のそれに比べ変化してきていると思われる。しかし、元来は両者とも天地の神明を祭る目的でつくられたものであり、その用途はいずれも現在の幣帛の持つ機能と同様である。現在幣帛は専ら紙や麻で作製されるが、上古にあって未だ紙や麻が流布していなかった時代には、樹木のみを素材としてつくられていた可能性がある。そう考えると、当時我が国では稲穂も
第8巻, 10ページ, タイトル:
またチセコルヌシヤサンの棚の上に納め置事も あり、旅行する事なとあれハかならす身 をはなさす携へ持する事なり、年久しく家に 持伝へたるなとにハ、人をたひーー拷掠なしたるに よりて、打たるところに皮血とふ乾き付て、 いかにもつよく拷掠したるさまミゆるなり、 それをは殊に尊敬して家に伝へ置事也、 またチセコルヌシャサン【チセコ*ロヌササン:cisekornusasan/屋内の祭壇】の棚の上に納めて置くこともあり、また、旅行をすることがあれば、かならず身からはなさず携えているのである。長年、家に伝世したものなどには、ひとをたびたびむち打ったので、打ったところには皮や血などが乾き付いていて、確かに強く打ったようすがみえるのである。それをまことに尊敬して家に伝えていくのである。

全1ページ中の第1ページ, 全2件のレコード中1-2を表示中

< 前ページ 次ページ >