蝦夷生計図説

検索結果

"カル": 21 件ヒット

第1巻, 30ページ, タイトル:
シユトといへるは、もと杖の名にして、ウカルを行ふ 時にもちゆる物也、    ウカルといふは、夷人の俗罪を犯したる者あれハ、 それをむちうつ事のある也、シユトは其むち うつ杖の事をいふ、委しくは、ウカルの部にミえたり、 此イナヲを製するには、まつ木をシユトの形ちの 如くにして、それより次第に削り立る事をなすに よりて、かくは名つけし也、 本邦の語に 罪人をうつ杖の事をしもとゝいふ、さらはシユトは しもとの転語にして、これ又 本邦の語に 通するにや、このイナヲはいつれの神を祈るにも 通し用ゆる事也、 「シユト」とは、もと杖の意味であり、ウカル( )を行なう時に用いられる。 * ウカルといって、アイヌの人々のなかで俗罪を犯した者がいた場合、その者を鞭打つことがある。シユトは、その際に用いられる杖のことをいう。詳しくは、本稿「ウカルの部」に記してある。このイナヲを作製するときに、まず木をシユトの形のように加工してから順次削っていくことにより、こう名づけられたのである。わが国の言葉で罪人を打つ杖のことを「しもと」という。つまり、「シユト」は「しもと」の転語であり、これまたわが国の言葉と通じていることになろう。なお、このイナヲはどの神を祈るにも共通して用いられるものである。
第2巻, 14ページ, タイトル: ムンカルの図
第2巻, 15ページ, タイトル:
右二種のものを作る事をすへて称してトイタ といふ、トイは土をいひ、タは掘る事をいひて、土を 掘るといふ事也、又一にはトイカルともいふ、トイは 上に同しく、カルは造る事をいひて、土を造ると いふ事也、二つともに 本邦の語にしてはなを 耕作なといはんか如く、また場圃なといはん ことし、    耕作と場圃とは殊にかハりたる事なるを、かく いへるものは、すへて夷人の境、太古のさまにして 言語のかすも多からす、為すへき業も又少なし、 しかるゆへに此二種の物を作るか如き、其作り立る の事業をもすへて称してトイタといひ、その 右に掲げた二種の作物を作ることをトイタと総称する。「トイ」は土のことを、「タ」は掘ることを表わし、あわせて「土を掘る」という意味である。また別にトイカルともいう。「トイ」は土のことを、「カル」は造ることを表わし、あわせて「土を造る」という意味である。二つの語はともに、我が国の言葉で言えば、耕作といったり場圃といったりしている語を指しているようだ。 * 耕作と場圃という、異なった意味を持つ概念であるものを同じ語で表わしているのは、アイヌの人々の生活境遇が太古の状態にあるため、言葉の数が多くはなく、行なわれる生業活動もまた少なかったためである。 従って、この二種の作物を作るに際して、栽培作業の総称としてトイタの語を用い、
第2巻, 17ページ, タイトル:
かろーーしき事をハせす、さらハ此等の事にも 別に意味のありてかくはなせるにや、其義 未詳ならす、追て糺尋の上録すへし、 是に図したるところは、トイタとなすへき ためにまつ初めに其地の草をかるさま也、ムンカル と称する事は、ムンは草をいひ、カルは則ち苅る 事をいひて、草をかるといふ事也、すへて 此のトイタの事は、初め草をかるより種を蒔き、 其外熟するに至て苅りおさむるとふの事 に至るまて、多くは老人の夷あるハ女子の 夷の業とする事也、     草をかるには先つ其ところにイナヲを奉けて 軽々しい行いはしないものだ。そうしたことから考えるに、或いは別の意味があってトイタの地を定めているのかも知れず、その判断基準はいまだ詳らかではない。追って聞き取りの上、後考を期したい。 ここに掲げた図は、トイタとするために先ず初めにその地の草を刈る様子を示したものである。この作業をムンカルというのは、「ムン」が草を、「カル」が刈ることを表わし、あわせて草を刈ることを意味することによっている。トイタに関わる作業には、草を刈ることから始まり、種蒔きや稔ってからの収穫に至るまで、その多くに老人や女性が携わることとなっている。 * 草を刈るには、まず刈る場所にイナヲを捧げて
第2巻, 26ページ, タイトル: ムンカルの図
第2巻, 27ページ, タイトル:
是も初めにしるせしムンカルと同しく、草を かるといふ事也、されと其義はたかひ有事にて、 前にしるせるは、たゝ草を苅る事をいふ也、こゝに いふところも蒔置たる二種のものゝ芽を出せし より、其たけもやゝのひたる頃に及ひ、其間に 野草の交り生して植し物のさハりとなる故に、 其草を抜きすつる事をいふ也、されハ同しく 草を除くといふにも、其わけはたかひてあれ とも、上に論する如く、夷人の言語は数少く して物をかねていふ事のあるゆへ、これらの 類もひとしくムンカルとのミ称する也 、 本邦にて禾菜の類を作るにハおろぬくと これも、初めに記したムンカルと同様、草を刈るという言葉である。しかし、その意味内容は異なっている。前に記したものは、ただ草を刈ることをいうのみであった。ここでいうムンカルは、蒔いて置いた二種の作物が発芽し、丈もやや伸びた頃に、その間に交じって生えてきて成長の妨げとなる雑草を取り除く作業をいう。従って同じく草を除くという言葉ではあるが、その意味するところは異なっているのである。これは、前述のように、アイヌの人々の言葉は単語の数が少なく、物事を兼ねていうことがあるためである。いま述べた二つの作業について、同じくムンカルと称するのは、そのためである。
第6巻, 1ページ, タイトル: 蝦夷生計図説 アツシカル之部  六
第6巻, 13ページ, タイトル: アフンカルの図
アフンカルといへるは、アフンは糸をいひ、カルは造る 事にて、糸を造るといふ事なり、是は前にいふ 如くアツの皮をよくーーやはらかになしてより、 麻を績する如くいつにもさきて次第につなき、 岐頭の木に巻つくる事図のことし、そのさまさなから 奥羽の両国にてしな太布を織る糸を績くとこと なる事なし、
第6巻, 19ページ, タイトル: アツトシカルヲケレの図 
第6巻, 20ページ, タイトル:
是は糸を綜る事とゝのひてより織さまを図し たるなり、アツトシカルといへるは、アツトシはすなハち 製するところの衣の名なり、カルは造る事をいひて、 アツトシを造るといふ事也、またアツトシシタイキとも いへり、シタイキといふは、なを 本邦の語にうつと いはんか如く、アツトシをうつといふ事なり、    本邦の語に、釧条の類を組む事をうつといへり、 其織る事の子細は、この図のミにしては尽し難き ゆへ、別に器材の部の中、織機の具をわかちて委 しく録し置り、合せ見るへし、
第6巻, 21ページ, タイトル: アツトシカルヲケレの図 
第6巻, 22ページ, タイトル:
此図はアツトシを織りあけたるさま也、アツトシカル ヲケレといふは、アツトシアルは前にしるせしと同しく、 ヲケレは終る事にて、アツトシ造る事終るといふ事也、 其織りあけたるまゝのアツトシをウセフアツトシといへり、 ウセフは純色といふか如き事にて、織りあけたるまゝの アツトシといふ心なり、 本邦の語に、木綿の織りたる まゝにて、何の色にも染さるを白木綿といふか如し、アツトシ の織りあけたるさま図の如くに、下のかたの幅を狭くなし たる事は、上の方は身衣となすへきつもりゆへ、幅を 広く織り、下の方は袖となすへきつもり故、幅を狭く 織るなり、その身衣幅と袖幅とに織りわくるさかひを トシヤトイと称す、トシヤは袖をいひ、トイは切る事をいひ て、袖を切るといふ事なり、又衣に製するところの 長短もかねて、著る人のたけをはかり定め置て、少しの 余尺もなきよふに織事なり、
第7巻, 1ページ, タイトル: 蝦夷生計図説 チセカル之部  七
第7巻, 17ページ, タイトル: シリカタカルの図
第7巻, 18ページ, タイトル:
前に図したるものミな備りてより、家を立る にかゝるなり、先つ初めに屋のくミたてをなす 事図の如し、是をシリカタカルと称す、シリは下の事 をいひ、カタは方といはんか如し、カルは造る事をいひ て、下の方にて造るといふ事なり、これは夷人の境、 万の器具そなハらすして、梯とふの製もたゝ独木に 脚渋のところを施したるのミなれは、高きところに 登る事便ならす、まして 本邦の俗に足代 なといふ物の如き、つくるへきよふもあらす、然るゆへ に柱とふさきに立るときは屋をつくるへきた よりあしきによりて、先つ地の上にて屋のくミ立を なし、それより柱の上に荷ひあくる事也、これ屋の下の 方にて造れるをもてシリカタカルとはいふ也、右屋の くミたて調ひ荷ひあくる計りになし置て、其大小 広狭にしたかひて柱を立る事後の図のことし、 ☆ 以上に図示したものがみんなそろってから、家を建てるのにかかるのである。まずはじめに屋根の組みたてをすること図のとおりである。これをシリカタカルという。シリ【シ*リ:sir/地面】は下のことをいい、カタ【カ タ:ka ta/の上 で】は方というのとおなじであり、カル【カ*ラ:kar/作る】は作ることをいって、下の方で造るということである。 これはアイヌの人びとの国ではたくさんの有用な道具がそろっていないので、はしごなどをこしらえるのもただ丸木に足がかりを彫っただけなので高いところに上るには向いていない。まして、わが国のならわしにある足がかり?などというようなものを造ることもしない。だから、柱などをはじめに建ててしまったら、屋根を造るのにぐあいが悪いので、まず、地上で屋根の組み立てをおこなって、それから柱の上にかつぎ上げるのである。このように、屋根を下の方で造るのでシリカタカルというのである。右のように、屋根を組み立て整えておいて、かつぎ上げるばかりにしておいて、その家の大小や広い狭いにしたがって柱を建てるようすは後の図に示しておいた。
第8巻, 1ページ, タイトル: 蝦夷生計図説 ウカル之部 八  大尾
第8巻, 3ページ, タイトル: ウカルの図
第8巻, 4ページ, タイトル:
夷人のうち悪事をなす者あれハ、其所の夷人 ならひに親族のもの集りて、図の如くに其者を 拷掠し、罪を督す事也、是をウカルといふ、此語の 解未さたかならすといへとも、夷語に戦の事をも ウカルといふ事あり、    戦の事をイトミともいひ、またウカルとも いふ也、夷人の戦といへる事ハ、意味殊に深き事にて、 委しくハ戦の部にみえたり、 これハ 本邦辺鄙の人の言葉に、人を強く うち倒す事をウチカスムルといふ事あり、戦は いつれ人をうち倒すをもて事とするゆへ、此 言葉を略してウカルとはいふなるへし、さらは 此処にて人の罪あるを督すも、又拷掠するを 以てのゆへに同しくウカルとハ称するにや、    ここにウカルのさまを図したる事ハ、夷人に 望て其行ふさまをなさしめて其侭を図し ☆ アイヌのなかで悪事をはたらくものがあれば、そのところのアイヌの人びとやかれの親族のものが集まって、図のようにかれをむち打って罪を責めとがめることがある。これをウカル【ウカ*ラ?:ukar?】というが、このことばの意味はまだよくわからないけれども、アイヌ語にいくさのことをウカルということがある。    <註:いくさのことはイトミ【イトゥミ:itumi/戦争】ともいい、またウカルともいうのである。アイヌの人びとの いくさというのは、その意味にことさら深いものがあるが、詳しくは「いくさの部」 に述べてある>  これはわが国の辺鄙な土地に住んでいる人びとのことばに、人を強く打ち倒すことをウチカスムルということがある。いくさはどのみち人を打ち倒すことが目的なので、このことばを略してウカルというのであろう。そうであるならばこのところで人の罪をただすのも、また、むち打って罪を責めとがめるということであるからおなじくウカルというのではなかろうか。    <註:ここにウカルのようすを図示したのは、アイヌの人びと頼んでそれを行なうようす をしてもらってそのままを描い
第8巻, 5ページ, タイトル:
たる也、是を行ふ事、たゝに刑罰の事のミとも きこえす、時によりてハ其者を戒め慎ましめんか ために行ふ事もありとミゆる也、後にしるせる 六種の法を見て知へし、 これを行ふの法、すへて六つあり、其一つは前に いふ如く、悪行をなしたるものを打て其罪を督す也、 二つにハ夷人の法に、喧嘩争闘の事あれハ、負たる 者のかたよりあやまりの証として宝器を出す也、 是をツクノイと称す、    此宝器といへるは種類甚多して事長き故に、 こゝにしるさす、委しくハ宝器の部に見へたり、 其ツクノイを出すへき時にあたりて、ウカルの法を 行ひ拷掠する事あれハ、宝器を出すに及ハすして 其罪を免す事也、三つには人の変死する事有 とき、其子たる者に行ふ事あり、是ハ非業の死なる ゆへ其家の凶事なりとて、其子を拷掠して恐懽 たものである。これを行なうことはただ刑罰のため だけとも解釈できない。時によってはその者を戒めてつつしませるために行なうこ ともあるらしい。後述する六種の法を見て考えてほしい>  ウカルを行なうしきたりにはみんなで六種類ある。  そのひとつは前述のように、悪いことをしたものを打ってその罪をただすことである。ふたつめはアイヌの人びとのおきてに、けんかや争い事があれば、負けた方からお詫びのしるしとして宝物を差し出すことがある。これをツグノイ【トゥクナイ?:tukunay?/償い】という。     <註:この宝物というのは種類がとても多く、説明すると長くなるのでここには述べな い。詳しくは「宝器の部」に記してあるので参照されよ。>  そのツグノイを差し出すに際して、ウカルを行なってむち打たれることがあれば、宝物を差し出す必要はなくして、その罪が許されるのである。みっつめは、人が変死したときにその子に行なうことがある。変死というのは非業の死なので、その家の凶事であるから、その子をむち打って怖れ
第8巻, 6ページ, タイトル:
戒慎せしめ、子孫の繁栄を祈る心なり、又其子 たる者親の非業の死をかなしミ憂苦甚しく、ほとんと 生をも滅せん事をおそれ、拷掠して其心気を励し 起さんかために行ふ事も有よし也、四つにハ父母の 死にあふ者に行ふ事有、是ハ其子たるものを強く 戒しめて父母存在せる時のことくに万の事をつゝしミ、 能家をさめしめん事を思ひて也、五つにハ流行の 病とふある時、其病の来れる方に草にて偶人を作り 立置て、其所の夷人のうち一人にウカルの法を行ひ て、その病を祓ふ事有、六つにハ日を連て烈風暴雨等ある とき、天気の晴和を祈て行ふ事有、此流行の 病を祓ふと天気の晴和をいのるの二つは、同しく拷掠 するといへとも、シユトに白木綿なとを巻て身の痛まさる よふに軽く打事也、此ウカルの外に悪事をなしたる 者あれハ、それを罰するの法三つ有、一つにはイトラスケ、 二つにはサイモン、三つにはツクノイ也、イトラスケといふは、 慎ませて子孫の繁栄を祈るこころなのである。また、その子は親の非業の死を悲しみうれうることがはなはだしく、ほとんど命を失わんばかりになることを心配して、むち打つことでかれの気持ちを奮い起こすために行なうこともあるという。    よっつめは父母の死にあったものに行なうことがある。これはその子どもを強く戒めて両親が生きていたときのように万事を慎んで、うまく家を守るようにと願ってのことである。いつつめは、伝染病が流行したときなど、伝染病が来る方向に草で作った人形を立ておいて、その村の住人のひとりにウカルを行なって、病気のお祓いをするのである。むっつめは連日、暴風雨が吹き荒れたとき、天候の回復を祈って行なうことがある。  この伝染病のお払いと、天気の回復を祈ることのふたつは、おなじむち打つといっても、シユト【ストゥ:sutu/棍棒、制裁棒】に白木綿などを巻いてからだが痛まないように軽く打つのである。  ウカルのほかに、悪いことをしたものがあれば、かれを罰する方法にみっつある。  ひとつはイトラスケ、二はサイモン【サイモン:saymon/神判、盟神探湯】、三はツクノイである。イトラスケというのは、
第8巻, 9ページ, タイトル:
是はウカルを行ふの時、拷掠するに用る杖なり、 シユトと称する事はシモトの転語なるへし、    本邦の語に□笞をしもとゝ訓したり、 これを製するには、いつれの木にても質の堅固 なる木をもて製するなり、其形ちさまーー変り たるありて、名も又同しからす、後に出せる図を 見てしるへし、此に図したるをルヲイシユト と称す、ルとは樋をいひ、ヲイは在るをいひて、 樋の在るシユトといふ事也、後に図したる如く 種類多しといへとも、常にはこのルヲイシユト のミを用ゆる事多し、夷人の俗、此具をことの 外に尊ひて、男の夷人はいつれ壱人に壱本 つゝを貯蔵する事也、人によりてハ壱人にて 三、四本を蔵するもあり、女の夷人なとには 聊にても手をふるゝ事を許さす、かしらの ところにハルケイナヲを巻て枕の上に懸置也、 ☆ これはウカルをおこなうとき、むち打つのに用いる杖である。シユトという語はシモトの転語であろう。    <註:わが国のことばで楉笞を「しもと」と訓じている>  これを作るには、どんな木でも木質の堅い木を用いる。そのかたち、いろいろ変ったものがあって、名称も同じではない。あとに出した図を見て理解してほしい。  ここに図示したものをルヲイシユト【ruosutuあるいはruunsutu→ruuysutuか?】という。ル【ル:ru/筋】は樋をいい、ヲイ【オ:o/にある。ウン→ウイ?:un→uy?/ある?】は在るということで、樋の在るシユト【ストゥ:sutu/棍棒、制裁棒】ということである。後に図示したように種類は多くあるが、通常はこのルヲイシユトのみを使うことが多い。  アイヌの人びとのならいでは、この道具をことのほか尊んで、男はみなひとり一本づつもっているのである。ひとによっては、ひとりで三、四本をもっているものもあるが、女などにはわずかでも手を触れることを許さない。その頭のところにはハルケイナヲ【ハ*ラキ● イナウ:harki inaw/●】を巻いて、枕の上に掛けておくのである。

全1ページ中の第1ページ, 全21件のレコード中1-21を表示中

< 前ページ 次ページ >