蝦夷生計図説

検索結果

"カミイノミ": 1 件ヒット

第1巻, 6ページ, タイトル:
イナヲは 本邦にいふ幣帛の類なるにや、 都て蝦夷の俗は質素純朴なるによりて、天地の 事より初め神道を尊ひおそるゝ事、其国第一の 戒めたり、然るゆへに何事を為すにつきても、まつ 神明を尊ひ祭る事をつとめとして、是をカモイ ノミと称す、  カモイは神をいひ、ノミは祈る事をいひて、 神を祈るといふ事也、日本紀に神祈とかきて カミイノミと訓したると同し事なるにや、 委しくはカモイノミの部に見ゑたり、カモイノミの部未成 其カモイノミを行ふには、かならす此イナヲを用る 事故、神明を祭るにさしつひて大切なる物と イナヲとは、わが国でいう幣帛の一種のことと考えられる。「蝦夷」の風俗は、概ねにおいて質素純朴である。彼らの国の開闢以来一番の戒めとして、神道を尊び畏怖することを挙げているほどだ。従って、何事をするにつけても、まず神明を尊び祭ることを旨としており、それをカモイノミと称している。 *カモイは神を意味し、ノミは祈るという意味であり、神を祈るという意味である。『日本紀』(『日本書紀』)に「神祈」とかいて「カミイノミ」と訓ませている事例と同じことであろうか。詳しくは本書「カモイノミの部」を参照されたい。<割注:カモイノミの部未成>  カモイノミを行なうには、必ずこの図にあるようなイナヲを用いることになっている。それゆえ彼らにとってイナヲは、神明を祭るにあたって重要なものと

全1ページ中の第1ページ, 全1件のレコード中1-1を表示中

< 前ページ 次ページ >