蝦夷生計図説

ジアユウシシユトの図 

  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

ジアユウシシユトの図 

ジアユウシシユト
いへるは、シは肬をいひ、
アユは刺し痛むを
いひ、ウシは在るをいひ
て、いほのさす事ある
シユトといふ事なり、

是は図の如くにいぼ
の在るシユトにて、拷掠
する時右のいぼ肉を
さし痛むゆへに斯ハ
いへるなるへし、

☆ジアユウシシユトというのは、シ【?】はいぼをいい、アユ【アイ:ay/とげ】は刺して痛いことをいい、ウシ【ウ*シ:us/がある】は在るという意味で、いぼの刺すことがあるシユトということである。

これは図のようにいぼがあるシユトであって、むち打つとき、そのいぼが肉をさすので痛むためにこのようにいうのである。