蝦夷生計図説

キタイマコツプの図 

  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 40
  • 39
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

キタイマコツプの図 

是は家のくミたてとゝのひてより、屋をふくさま也、
キタイマコツプといへるは、キタイは屋をいひ、マコツプは葺
事をいひて、屋をふくといふ事也、屋をふかんとすれは、蘆
簾あるは網の破れ損したるなとを屋をくミたてたる
木の上に敷て、其上に前に録したる葺草の中いつれ
なりともあつくかさねてふく也、こゝに図したるところハ
茅を用ひてふくさま也、この蘆簾あるハ網とふのものを
下に敷事ハ、くミたてたる木の間より茅のこほれ落るを
ふせくため也、家によりては右の物を用ひす、木の上を
すくに茅にてふく事もあれとも、多くは右のものを
下に敷事なり、

   ここにいふ蘆簾は夷人の製するところのものなり、
網といへるも同しく夷人の製するところのものにて、
木の皮にてなひたる縄にてつくりたるものなり、

すへて夷人の境、障壁とふの事なけれハ、屋のミにかき
らす、家の四方といへとも同しくその屋をふくところの

☆これは家の組み立てができてから屋根を葺くようすである。キタイマコツプというのは、キタイ【キタイ:kitay/てっぺん、屋根】は屋根をいい、マコツプ【アク*プ?:akup?/葺く】は葺くことをいうので、屋根を葺くということである。屋根を葺こうとするには、芦簾あるいは網の破れ損じたものなどを屋根を組み立てる木の上に敷いて、その上に前述の葺き草のうち、どれでも厚く重ねて葺くのである。ここに図示したのは茅を用いて葺いているようすである。
 この芦簾あるいは網などのものを下に敷くことは、組み立てた木の間より茅が零れ落ちるのを防ぐためである。家によってはそれらを使わず、木の上に直に茅で葺くこともあるけれども多くは右にあげたものを下に敷くのである。

   <註:ここでいう芦簾アイヌの人びとが造ったものである。網も同じくアイヌ製のもので
木の皮を綯って造ったものである。>

総じてアイヌの人びとの国には障子や壁などというものがないので、屋根ばかりではなく、家の四周さえも同様にその屋根を葺く茅で囲うの