蝦夷生計図説

アフンカルの図

  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

アフンカルの図

しな太布といふは、しなといへる木の皮にて織し
ものなり、是は奥羽の民家にて此布をもて
衣に製し、農務およひ力を労する業をなす時
に服するものなり、とりもなをさす今蝦夷の
人服用するアツトシは、此製の遺風を伝へたると
見ゆるなり、
凡衣服を製する業のうち、此糸を績事尤かた
き事にて、日かすを重ぬるにあらされは就しさる
ゆへ、昼夜のわかちなく、聊のいとまもすてをかす
して勤る也、時ありて旅行する事なとあれハ、
そのアツの皮を持行て夜々投宿のところおよひ
途中休息のところにても是を為す、其業を
勤るの心純一にして辛苦をかへりミさる事憐に
たへたり、