蝦夷生計図説

衣服製作の総説

  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

衣服製作の総説

地なれは、其人から小児とことなる事なし、左手の
便なるものは左衽し、右手の便なるものは右衽
せるなるへし、すてに蝦夷のうちまれにハたれ
教るにもあらすして、右衽せるものもあるなり、
もし教化の明に開けんには、靡然として 本邦の人
物とならん事、何の疑かあるへき、
右九種の服のうち、其上下の品わかりたる事かく
の如し、今この書に其図を録せんとするに、九種の
うちジツトクは蝦夷錦と称して 本邦の人
熟知するところの物、シヤランベ、チミツプの二種ハすな
はち 本邦の服なるをもて、此三種の衣は
いつれも図をあらはすに及ハす、モウウリ、ウリ、
ラプリ、ケラ四種のものはいつれもたゝ鳥羽・獣
皮とふにて造れる事ゆへ、其製しかた別に
録すへきよふもあらす、こゝをもて唯其全備のさ
まを一種つゝ図にあらハせり、たゝアツトシの一種のミハ