蝦夷生計図説

こぎ舟の図 二種類

  • 52
  • 51
  • 50
  • 49
  • 48
  • 47
  • 46
  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 40
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 46
  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 39
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

こぎ舟の図 二種類

此図は海上をこぐところ也、其乗るところハ
水伯を祈るよりはしめ、ことーーく走セ舟にこと
なる事なし、二種のうち、前の図はこ
くところの具ことーーくそなハりたるさまを
図したる也、後の図はすなはち海上をこくさま也、

こく時はシヨ板に腰を掛、カンヂを
左右の手につかひてこぐ、其疾き事飛か
如し、カンヂの多少は舟の大小によりて
立る也、アシナフを遣ふ事ハ走せ舟に同し、
是を夷語にチプモウといふ、チブは舟をいひ、
モウは乗るをいふ、舟を乗るといふ事也、但し
ビロウ辺よりクナシリ辺の夷人はこれをこぐの
時、二人つゝシヨ板に腰をかけならび居て、左
右のカンヂを一人にて一つつゝ遣ひこぐ事
もある也、これは北海に至るほと波濤の
急激なるも、甚しく舟のかたちも大ひ
なる故、一人にて左右のカンチを遣ハん事の
危きを考へ、おのつから二人にてこく事にハ
なりゆく也、

この図は海上をこぐところである。それに乗るには水の神に祈ることからはじめ、すべて「走る舟」と異なることはない。
二種類のうち、前の図の舟は漕ぐ道具が完備したようすを図示したものである。あとの図は海上を漕ぐようすである。

漕ぐときはシヨ板に腰をかけて、左右の手にカンヂをつかんで漕ぐ。その早いこと、飛ぶがごとくである。カンヂの多少は舟の大小によって異なる。アシナフを使うことも「走る舟」と同じである。
これをアイヌ語でチプモウという。チブは舟のこと、モウは乗るをいう。「舟を乗る」ということである。
ただしビロウ辺からクナシリ辺のアイヌの人びとはこれを漕ぐとき、
二人ずつシヨ板にならんで腰をかけて、左右のカンヂを一人で一つずつ使って漕ぐこともある。これは北の海に行くほど波涛が荒く激しくなるし、舟の形も大きくなるので、一人で左右のカンヂを使うことの危険性を考慮して、おのずから二人で漕ぐことになるのである。