蝦夷生計図説

帆の図

  • 52
  • 51
  • 50
  • 49
  • 48
  • 47
  • 46
  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 40
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 46
  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 39
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

帆の図

夷語に是をカヤと称す、図の如くにキナを
用ひて作るなり、

   キナは夷地に生る草にて作り、筵の如き
もの也、委しくハ器財の部に見えたり
帆をカヤと称する事、其義いまたつま
ひらかならす、追て考ふへし、

アイヌ語でこれをカヤと称する。図のようにキナをもちいて造るのである。

    <註:キナは蝦夷地に生える草で作るむしろのようなものである。詳
しくは『器財の部』(これも欠けている)で説明してある>
 帆をカヤと言うことの意味ははっきりとはわからない。追って考えることとしよう。