蝦夷生計図説

あばら木の図 

  • 52
  • 51
  • 50
  • 49
  • 48
  • 47
  • 46
  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 40
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 46
  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 39
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

あばら木の図 

夷語に是をキウリと称す、
   此語解しかたし、追て考ふへし

シリキシナイよりヒロウまての舟にハことーーく
此具を用ゆ、これハ北海になるほと風波あら
きか故に、舟の堅固ならん事をはかりて
なり、シリキシナイよりビロウまてハさのミ
北海にあらすして、風波のしのきかたも
やすきゆへ、まれには此具を用ゆる舟も
あれと、多くは用ひす、

アイヌ語でキウリという。
   このことばの意味はわからない。追って考えることにしよう。

シリキシナイからヒロウまでの舟にはことごとくこの道具を用いている(訳註:ヒロウからクナシリまでの誤記か?)。これは北の海になるほど風波が荒いので舟を丈夫にするための工夫である。シリキシナイからヒロウまではそれほど北の海ではなく、風波から守る方法も容易なので、まれにこの道具を用いる舟もあるけれども多くの舟は使用しない。