蝦夷生計図説

とたての図二種 

  • 52
  • 51
  • 50
  • 49
  • 48
  • 47
  • 46
  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 40
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 46
  • 45
  • 44
  • 43
  • 42
  • 41
  • 39
  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

とたての図二種 

とだては舟の艫なり、図に二種出セる事ハ、
所によりて形ちも替り、名も同しからさる故也、
二種のうち前の図はシリキシナイよりヒロウ
まての舟にもちゆ、

   すへて所により用る物のたかふ事なと、此所
より此所迄とくハしく限りてハいひ難し、
こゝにシキリシナイよりヒロウまてといへ
るも、シリキシナイの辺よりヒロウの辺
まてといふ程の事也、後の地名にかゝはる
事はミな此類と知へし、
夷語に是をイクムと称す、
   此語解しかたし、追て考ふへし

「とだて」は舟の艫(とも)のことである。二種類の図を出したのは、地方によって形態が変り、呼び名も共通ではないからである。二種類のうち、前の図はシリキシナイからヒロウまでの舟で用いている。

  <註:地方によって使用する物が異なることなどは、ここからここまでと
詳しく限定していうことはできない。ここでシキリシナイからヒロ
ウまでといっても、それはシリキシナイのあたりからヒロウのあた
りまでというほどのことである。のちにでてくる地名にかかわるこ
とはすべてこの類と知っておいてほしい。>
アイヌ語でこれをイクムという。
 このことばの意味はわからない。追って考えることにしよう。