蝦夷生計図説

  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

土をならす事終りて、それより種を蒔なり、
是をピチヤリパと称す、ピはすへて物の種を
いひ、チヤリパは蒔事をいひて、種をまくといふ
事也、凡トイタの事、地の美悪をえらふと
いへる事もミえす、又こやしなと用るといふ
事もなけれと、たゝこの種を蒔事のミ殊に
心を用ひて時節をかんかふる事也、その
時節といへるも、もとより暦といふ物もなけ
れは、時日をいつの頃と定め置といふ事には
あらす、唯ふりつミし雪の消行まゝ、山野
の草のおのつから生しぬるをうかゝひて
種を蒔の時節とはなす事也、

土を均す作業が終わると、それより種蒔きとなる。これを「ピチヤリパ」という。「ピ」は種子一般を、「チヤリパ」は蒔くことを表し、合わせて種を蒔くことを意味する。全体的に見て、トイタの作業は、土地の美悪を選ぶということも確認されず、また肥料を用いるということもない。しかし、この作業、即ち種を蒔くことについてだけは、その時期をどうするかの判断に心を用いるのである。その時期であるが、もとより暦を持たないため、日時をいついつの頃とあらかじめ定めて置くわけではない。ただ降り積もった雪が消え行き、山野の草が自ずから芽吹いてくるのに接して、種を蒔く時節を見計らっているのである。