蝦夷生計図説

トイララツカの図

  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

トイララツカの図

草を焼てより其地の土を平らかにならす也、
是をトイラヽツカと称す、トイは前に同しく、
ラヽツカとはすへて物を平らかにする事をいひ
て、土をたいらかになすといふ事なり、夷人の境
釆槌とふの器もなけれハ、地をならすといへるも、 
本邦にて隴畝なと耕作するか如きの事にハ非す、
唯其地にある木の根、あるは土くれとふの物
の種を蒔、さまたけとなるへき物を図のことく
タシロとふのものにてきり除くのミの事也、

   タシロといへる物は 本邦にいふ庖丁の類也、
委しくは器材の部にミえたり、

草を焼いてから、その場の土を平らに均す作業を行なう。これをトイララツカという。「トイ」は前に述べた通り、「ララツカ」は物を平らにすること一般を表し、合わせて「土を平らにする」という意味である。アイヌの人々は才槌などの器具を持たないため、土を均すといっても、わが国において田畑に畝をしつらえて耕作するような作業を行なうわけではない。ただその場にある木の根や土くれ等のなかで蒔く妨げとなるような物を、図に見えるようなタシロという用具で切り除くだけのことである。

  *タシロというのは、わが国で言う包丁の一種である。詳しくは「器材の部」に述べてあるのでご参照ありたい。