蝦夷生計図説

ムンカルの図

  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

ムンカルの図

作れる地にして場圃のさましたるところをも、又
称してトイタといふ也、凡これらの事、 
本邦の事に比しては論し難きところなり、
これより後、其言葉は一にして、其事のたかひ
ある事は皆この故としるへし、

夷人のならひ、これらの事をなすに地の美悪を
えらふなといへる事はミえす、山中の不平なる
地あるは樹木の陰なとおもトイタとなして作れる
事なり、

   但し、地をえらふ事のなしといへるはさたかなる
事にはあらす、外より打見たるさまハかく見
ゆれとも、すへて夷人の性は物事深くかんかへて

栽培地である場圃様の所をもまた、トイタと称するのである。こうした事情につき、我が国における事例を挙げ、比較して論じるのは難しい。以下、本稿において同一語であるにもかかわらず、その示す意味が異なっているのは、皆こうした理由によるものと御承知置き願いたい。

アイヌの人々の慣習として、栽培をするに際しては土地の美悪を選ぶことはしない。山中の平らではない土地や樹木の陰になっている土地などをもトイタとなして栽培を行なっている。

* 但し、地を選ぶことがない、という見方は、実ははっきりしたことではない。傍から見ればそのように見えるのであるが、アイヌの人々は物事を深く考える