蝦夷生計図説

ムンカルの図

  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

ムンカルの図

右二種のものを作る事をすへて称してトイタ
といふ、トイは土をいひ、タは掘る事をいひて、土を
掘るといふ事也、又一にはトイカルともいふ、トイは
上に同しく、カルは造る事をいひて、土を造ると
いふ事也、二つともに 本邦の語にしてはなを
耕作なといはんか如く、また場圃なといはん
ことし、

   耕作と場圃とは殊にかハりたる事なるを、かく
いへるものは、すへて夷人の境、太古のさまにして
言語のかすも多からす、為すへき業も又少なし、

しかるゆへに此二種の物を作るか如き、其作り立る
の事業をもすへて称してトイタといひ、その

右に掲げた二種の作物を作ることをトイタと総称する。「トイ」は土のことを、「タ」は掘ることを表わし、あわせて「土を掘る」という意味である。また別にトイカルともいう。「トイ」は土のことを、「カル」は造ることを表わし、あわせて「土を造る」という意味である。二つの語はともに、我が国の言葉で言えば、耕作といったり場圃といったりしている語を指しているようだ。

* 耕作と場圃という、異なった意味を持つ概念であるものを同じ語で表わしているのは、アイヌの人々の生活境遇が太古の状態にあるため、言葉の数が多くはなく、行なわれる生業活動もまた少なかったためである。

従って、この二種の作物を作るに際して、栽培作業の総称としてトイタの語を用い、