蝦夷生計図説

アユウシアマヽの図

  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

アユウシアマヽの図

事は、今に及ひては専ら蝦夷の地にてのミ
作り用ゆる事よりして、おのつからかゝる名を
唱ふるなるへし、其形ちの如きまさしく田稗と
露たかふ事なしといふにハあらねと、これハ人の
手によりて其生熟の性をとくると、たゝ原野荒
草のうちに混して生するによりておのつから
形ちに少しくかハれるさまのあるなるへし、しか
りといへともひとしく稗の一種にして、 
本邦の地にも生し、蝦夷の地にも生するといへ
る事はいさゝか疑うへき事に非す、是のミにあらす、

近き頃に至りてハ、蝦夷のうち極北の地に
あらさるところは粱・稗・大根・菜とふを

現在ではそれが専ら蝦夷地でのみ作られることから、自然とその名が唱えられるようになったためであろう。「蝦夷稗」の形状は、「田稗」とまったく同様というわけではない。しかし、これは栽培により成熟したものか、原野で野生の植物の中に混じって生育するものかによって、自然とその形状に少々の相違が生じてきたためと捉えられる。但しそうであっても両者は稗の仲間の同一種であり、我が国の土地にも生育し、蝦夷地にも生育するものであるということは、まったく疑う余地がないのである。

なお、近年では蝦夷地で栽培される作物のはこれのみではなく、極北の地を除き、粱・稗・大根・菜などを