蝦夷生計図説

アユウシアマヽの図

  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

アユウシアマヽの図

ゆへ也、

絶て米穀の類の生セさる地といふにハ
非す、すてに 本邦の人の行きて住居する
ものは、麦あるは菜・大根とふを作るによく生
熟する事也、

是をアユウシアマヽと称す、アユとは刺をいひ、ウシ
とは在るをいひ、アマヽは穀食の通称にして、
刺のある穀食といふ事也、この稗の穂には
刺の多くある故にかくはいへる也、夷人の伝言
するところは、この国闢けし初め天より火の神
降り□ひて、此種を伝へたまへり、それよりして
かく作る事にはなりたるよし也、然るゆへに
是を尊ふ事大かたならす、其作り立るより

からである。

また、蝦夷地はまったく米穀の類が生育しない地であるというわけでもない。実際、既に「本邦の人」が来住している地域では、麦または菜・大根等を栽培しており、よく成熟する様子が見られる。

この図に見える稗の一種は、アユウシアママと称されるものである。「アユ」とは刺のこと、「ウシ」は「在る」を表わし、「アママ」は穀類の通称で、つまり「刺のある穀物」という意味の言葉である。この稗の穂に刺が多くあるため、このように呼ばれている。アイヌの人々の伝承によれば、国の開けし初め、天から火の神が降臨なされ、この種をお伝えになり、それ以来栽培するようになったということである。そういう由緒を持つことから、アイヌの人々はこの作物を非常に尊んでおり、
栽培から