蝦夷生計図説

ビン子アベシヤマウシイナヲの図

  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

ビン子アベシヤマウシイナヲの図

この二つはひとしく火の神を祭るに用ゆれ
とも、男女のわかちあるによりて其形ちの替れる
なり、ビン子アベシヤマウシイナヲといふは、ビンは男子を
いふ、子は助語也、シヤマウシイナヲは前にいへると同し
事にて、男子火のそはに立るイナヲといふ事也、
マチ子アベシヤマウシイナヲといへるは、マチは婦女をいひ、
子は助語なり、アベシヤマウシは前と同し事にて、
婦女火のそはに立るイナヲといふ事也、此イナヲに
男女のわかちある事ハ、火の神に男女あるといふにも
あらす、唯祭れるイナヲに男女のわかち有よし也、
これを夷人に糺尋するといへとも、いまた其義の
詳なるを得す、追て考ふへし、思ふに乾男坤女の

 この二つは、同じく火の神を祭る際に用いるものであるが、男女の別があるために、その形状が異なっているものである。ビンネアベシヤマウシイナヲとは、「ビン」は男子を表わし、「ネ」は助詞、「シヤマウシイナヲ」は前述の通りであり、合わせて「男子の火のそばに立つイナヲ」という意味である。「マチネアベシヤマウシイナヲ」とは、「マチ」は婦女を表わし、「ネ」は助詞、「アベシヤマウシ」は前述の通りであり、合わせて「婦女の火のそばに立つイナヲ」という意味である。このイナヲに男女の別があるのは、火の神に男女の別があるからというわけではない。ただ祭るイナヲに男女の別があるのみであるという。このわけについてアイヌの人々に聞き尋ねてみたのだが、いまだにその理由を詳らかにできないでいる。追って後考を期したい。ただ思うに、乾男坤女の