蝦夷生計図説

アベシヤマウシイナヲの図

  • 38
  • 37
  • 36
  • 35
  • 34
  • 33
  • 32
  • 31
  • 30
  • 29
  • 28
  • 27
  • 26
  • 25
  • 24
  • 23
  • 22
  • 21
  • 20
  • 19
  • 18
  • 17
  • 16
  • 15
  • 14
  • 13
  • 12
  • 11
  • 10
  • 9
  • 8
  • 7
  • 6
  • 5
  • 4
  • 3
  • 2
  • 1

アベシヤマウシイナヲの図

此イナヲは火の神を祭る時に奉け用ゆるなり、
アべシヤマウシイナヲと称する事は、アベは火の事をいひ、
シヤマは物のそばをいひ、ウシは立つ事をいひて、
火のそはに立つイナヲといふ事也、此語なとハまさ
しく 本邦の語にも通するにや、アベは火の事
をいふにあたれり、

   此事ハ語解の部に委しく論したり、こと
長けれはこゝにしるさす、

シヤマはソバの転語にして、ウシはアシの転語なる
へし、アシといへる事は、もと立つ事をいふとミゆる也、
人の脚をあしといへるも立つ事より出たるにや、
机案の類のしたに立たるところをあしといひ、
其外雲あし、雨あしなといへる事も、ミなその
立るかたちをいへる也、かく見る時はアベシヤマウシ
は火のそばに立つといふ事に通するなり、この
イナヲは夷地のうちシリキシナイといふ所の辺
よりヒロウといへる所の辺まてにもちゆる也、

 このイナヲは、火の神を祭るときに奉げ用いるものである。アベシヤマウシイナヲとは、「アベ」が火を、「シヤマ」が物のそばを、「ウシ」が立つことをそれぞれ表わし、合わせて「火のそばに立つイナヲ」という意味である。この語などはまさしく、我が国の言葉にも通じているように思われる。「アベ」とは、まさに火のことを言うのに当たっている。

* 「アベ」が火のことを指すということについては、本稿「語解の部」で詳しく論じている。長くなるのでここには記さない。

「シヤマ」は「そば」の転語であり、「ウシ」は「あし」の転語であろう。「あし」というのは、元来立つことを指していたと考えられる。人の足を「あし」というのも、立つことから出た言葉であろう。机などで下に立ててある部分を「あし」といい、またその他「雲あし」・「雨あし」などという事例も、皆それが立っている形を指しての言葉である。こう考えてくると、「アベシヤマウシ」を「火のそばに立つ」と言っていることと相通じてくるのである。このイナヲは、蝦夷地のうちシリキシナイ(尻岸内)という所からヒロウ(広尾)という所の辺りまでの地域で用いられている。